公立病院と民間病院では看護師の給料の違いは?

公立病院と民間病院では看護師の給料の違いは?

公立病院と民間病院の差とはどんなものがあるでしょうか。大きなウェイトを占めているのが経営面です。もちろん、公立病院も民間病院もその規模にもよりますが、公立病院では可能な税金での多額の補填などは民間病院ではなかなかあり得ません。

また、民間病院では同じ診療報酬制度での経営ですので、必然的に個々の差が出てきます!

看護師に対する待遇としては、一般的に財力のある公立病院の方が民間病院よりも給料の水準は高いとされています。公立病院の場合は公務員になり、業務もしっかり分担されているため、看護師の仕事に専念することが可能と言えるでしょう。


しかし、民間病院では広く業務に関われるという利点もあります。地方の公立病院では看護師を取りまく環境も違うため、離職率が低くベテランの看護師が多いとされています。そういった背景から複雑な人間関係が生まれることもあり、良い面ばかりではないようです。

人間関係はどんな仕事に就くうえでも避けては通れない部分ですが、あくまでも、看護師が就職・転職を考えた時、自分がスキルアップできる環境と、こなしていける業務内容かが大きいと思います。